生まれつき茶色の濃ゆいシミが耳の下に楕円形に広がって2センチほどありました。メンズ化粧水はつかえず、女性の為、大阪梅田でヒアルロン酸注入をしました。髪の毛を伸ばして隠していたので、あまり普段髪の毛を耳にかけることなく、フェイスラインをすっきり出すこともできませんでした。しかしウエディングドレスを着る際、髪の毛をアップにするのでどうしても茶色のシミを目立なくしたい。と思い、兵庫県芦屋市の内科医院で、レーザ治療をうけました。この茶色のシミはカフェオレ斑と言い、レーザ照射時は麻酔をし、痛みはなく一週間くらいで赤い所がかさぶたになり、茶色のシミは少し薄くなりましたが、まだ色素が残っていた為、半年後に2回目のレーザ照射しました。すると色素が抜けて、完璧とまでは言えないですが、ほとんどシミが目立なくなりました。もう髪の毛でシミを隠さなくていいんだ!と思うとすごく嬉しかったです。カフェオレ斑は照射後にまれに、再発することや、もっと濃ゆくなることあるそうですが、レーザー治療は受けてみて、痛みもなく、効果を期待できたので、もっと悩んでた小さい時からレーザ治療しておけば良かったと改めて感じました。