かかとの複雑骨折をしてしまい、手術そしてそのあとの治療のために数か月通い続けています。骨はくっつきましたが、人工骨を入れていることや、プレートで固定しているために、まだまだ今後もお世話になる必要が生じています。主治医の先生は、20代後半くらいの愛想のない、そして手術大好きなスキルのある先生であり、診断は実にストレートで、柔らかく話すということがほとんどありません。ですから間違ったことは言っていないし、率直な診断をはっきりと言ってくれるので、信頼はできますが、最初はかなりがっかりしました。というのは手術をしたときに、骨があまりにもひどくて人工骨を入れたのですが、それが大き過ぎて骨に馴染むかわからない、自分ならこれほどの症状であれば、骨の移植をするが、院長が人工骨を入れろという指示だったので、仕方がなくそうした、そんなことを言われました。幸い骨が馴染んだので良かったのですが、これが馴染まなかったら、再手術が必要になったことになります。評判が良い院長のようですが、私の主治医が手術の大部分を担っており、院長は指示を出すだけのような部分があるようです。主治医は手術のスキルがあるようですが、院長のやり方とは違う部分があるようで、やりにくそうなことを正直に言ってくれました。この主治医は無駄なことは一切せず、シンプルで、余分にお金を使わせるようなことをしないこと、言葉遣いは丁寧ではないが、症状をはっきりと伝え、曖昧さがないことや、ショックを与えないように真実を述べない、そんなことがないので個人的には好きな先生です。